こんばんは、きっしーです。 この記事ではPowershellで文字列の操作方法についてまとめました。文字列の操作はよく使う使うので、しっかり覚えておきたいですね。 PowerShellで文字列の日時をDateTimeオブジェクトにする方法・Get-Date † PowerShellのGet-Dateコマンドレットを使用することにより、指定した文字列日時を引数としてDateTimeオブジェクトを作成することができます。 以下に実際の実行例を記します。 PowerShell で文字列が NULL や 0 文字の空文字かを判定するには IsNullOrEmpty メソッドを使用します。 IsNullOrEmpty メソッドは、値が NULL や 0 文字の文字列の場合に true を返します。 アニメ『世界征服~謀略のズヴィズダー~』なかなか面白いアニメなのに、存在自体を知りませんでした。さて、BashかPowerShellどちらを常用するか悩みの続きで、今回は文字列の抽出を比較します。(本記事はPowerShell入門記事として PowerShell でアルファベットの大文字・小文字を区別して文字列の比較を行うには、 -ceq (一致する場合 true)または -cne (一致しない場合 true)を使用します。 今回の記事では、PowerShellで用いるデータを保持しておく際のテキストデータ形式について比較をしてみます。 プレーンテキスト もっともシンプルな使い方をする場合、文字列配列の各要素に含まれる文字列が、テキストファイルの1行と対応します。 PowerShellにおいて、文字列の大文字・小文字を明示的に比較したい場合は、比較演算子の頭にcを付けます。逆に明示的に比較したくない場合は頭にiを付けます。 PowershellでIf文を利用した条件分岐について紹介します。比較演算子・論理演算子を利用した例と、コマンドレットを利用した例も記載しています。 PowershellでIf文を利用した条件分岐について紹介します。比較演算子・論理演算子を利用した例と、コマンドレットを利用した例も記載しています。 テキストファイル内にある、特定文字列(完全一致)を取得する。 バージョン powershell 3.0 C:\xxx.txt の内容 ===== test TesT test2 TesT2 ===== 試したコマンド &結果 . PowerShell を使うことの最大のアドバンテージは、このパイプだと勝手に思っている。 オブジェクトをパイプする この記事は以前 に書いたものです。 PowerShellにおける比較演算子には下記のものがあります。 演算子 説明 -eq, -ceq, --ieq 等しい -ne, -cne, -ine 等 スローできるオブジェクトは、「文字列」「.NET Framework の例外クラス」「ErrorRecord クラス(コマンドレットが投げた例外とか)」の3種類。 パイプ. 【PowerShell】2つのファイルを比較する in PowerShell - on 2014年2月28日 8:55 よく、2つのファイルを比較したい、特にソースコードで変更箇所を探し出したいといったことがあると思いますが、そのようなときはCompare-Objectを使います。 コマン … PowerShellの包含演算子は-containsと-in(3.0~)があり、どちらも配列を左にとるか右にとるかの違いしかありません。 バージョンが特に問題なければ、比較する対象(あまり変化しない値、定数など)を右辺にとるような書き方が好ましいと思います。 入力された文字列を数値に変換することができました。 補足:数値でない値を入力した場合 数値でない値を入力した場合は"入力文字列の形式が正しくありません"のエラーが表示されます。(下図参照) 補足:変換処理をしない場合 スクリプト(.ps1)を書く場合、定数を使いたくなることがあります。 PowerShell; まとめ; 文字列; Powershellで文字列を操作する方法まとめ. 変数の一覧は Get-Variable で確認できます 特殊変数の説明は about_Automatic_Variables にありますが、ページが古いとか、見当たらないときは「about_Automatic_Variables site:microsoft.com」で検索すると良いでしょう。 定数. Link: PowerShell PowerShell/ファイルサイズを指定しファイルを検索 PowerShell/PowerShellの比較演算子一覧 PowerShell/PowerShellのif文でand,or,xor,notを記述する方法 PowerShell/指定した列のみを表示する・Select-Object PowerShell/数値を文字列に変換する 1 条件分岐の種類; 2 構文; 3 eqを使用した単一比較の場合; 4 elseifブロックを使って多岐分岐; 5 文字列の比較の場合; 6 ワイルドカードを用いた比較; 7 matchを用いた比較 簡単な例; 8 matchを用いた比較 正規表現. 文字列の先頭が、指定した文字列と同じか比較・確認するには、.NETオブジェクトにおける String クラスのインスタンスメソッド、StartsWith を使用します。 使用方法は、以下に示す通りです。 PowerShell,文字列の先頭が、指定した文字列と同じか比較する. 数値・文字列比較演算子 文字列比較 基本 "A" -eq "A" # True "A" -ne "Z" # True "Z" -gt "A" # True "A" -lt "Z" # True "Z" -ge "A" # True "A" -le "Z" # True 8.0.1 関連記事一覧 PowerShell の演算子とキーワード 文字列の比較はデフォルトで大文字小文字を区別しない。 明示的に区別する場合は、比較演算子の前に c をつける(例: -ceq) 目次. PowerShellの文字列関連をまとめます。 文字列はシングルクォーテーション('文字列')かダブルクォーテーション("文字列")で囲みます ダブルクォーテーションの場合、変数名は変数値に置き換わります。シングルクォーテーションはそのまま出力されます。 PowerShellで文字列の日時をDateTimeオブジェクトにする方法・Get-Date † PowerShellのGet-Dateコマンドレットを使用することにより、指定した文字列日時を引数としてDateTimeオブジェクトを作成することができます。 以下に実際の実行例を記します。 単純に文字列を比較するなら…この辺が適してそうですね。.Contains() .Equals() -match [regex]::Match() オブジェクトの比較時には -eq を頻繁に利用しますが、少し注意をした方がいいようで …