こんばんは!NAOです。Windows評価版やライセンスが切れてしまった時の為のライセンス延長コマンド備忘録です。魔法のようなコマンドですが延長コマンドはMicrosoftにより実装されています。コマンドプロンプトを開き下記のライセンスリセットコマンドを打ちましょう。 ※Officeの公式ヘルプには、サブスクリプションの有効期限が切れた状態だと、閲覧のみが可能でファイルの編集は出来ないと書いてあります。 サブスクリプションの有効期限が切れると、Office は機能制限モードで実行され、[ライセンスのない製品] の通知が表示されます。 オフィス365は、年間購読制でオフィスを使えるようになるシステムです。果たして期限が切れたらどうなるのでしょうか。 期限が切れたら 期限日が近づくと? 期限切れのメール通知は? 期限切れ後、ワードを起動すると? 期限切れ後、ソフトの更新はできる?

先日突然 Windows 10 PC で office2013 がライセンス認証しなくなりました。本当に突然です。今回は「Office 2013 が突然ライセンス認証しなくなった場合の回避方法」をお送りしたいと思います。これはあくまで僕が行った方法で、複数あるひとつです。 ライセンス認証ウィザードが表示された場合は、Office のライセンス認証を行う必要があります。 ウィザードの指示に従って、Office をライセンス認証します。 ライセンス認証ウィザードを使用して Office のライセンス認証に関するサポートを受ける Office 365 は、毎月または年ごとに利用料を支払うことで最新のOffice製品を使用できる サブスクリプション 版です。使用期限が切れたら「サブスクリプションの有効期限が切れています」とのメッセージが出ます。Office 365 サブスクリプションの有効期限が切れたらどうする?