bree(ブリー)のヌメ革の手入れ!汚れの落とし方やクリームを紹介♪まとめ.

10年以上前によく使っていました。 BREE(旧ロゴ)のBarrio24です。 仕事の量や海外への渡航が増えたので リュックに持ち替えてしまいましたが、 今でも大好きな鞄で大切にとってあります。 買ってからひと月ぐらいは室内で日に当て、 表面に油分の層を作らせます。 breeの創業当時から続いている定番の人気商品で、ハンドバッグ、バックパック、ショルダーバッグという3wayで使用できる、ヌメ革のビジネスバッグです。 いかにもエイジングを楽しんでください!と言わんばかりの佇まいですよね。 ヌメ革エイジングの楽しさを教えてくれたbreeの小銭入れだけは、この先もずっと使い続けていきたいくらい。これはもはや意地にも近いですねwww breeらしい上質なヌメ革とエイジング BREEの魅力といえば ヌメ革 の質感の良さ。 ヌメ革は余計な加工や着色を一切しないため、品質をごまかすことができません。 ヌメ革bree(ブリー)のエイジングっぷり 当然ながら一気にここまで変色した訳ではなく、薄いベージュからチビチビと時間をかけて今の色味まで育ててきた事や、定期的に手入れをしてきた思い出など、思い返せばこのBREE(ブリー)には浪漫がウルトラ詰っている訳です。 a:breeのアイコンとして創業以来、愛され続けているヌメ革のシリーズです。 ヌメ革とは昔ながらの伝統的な技術である植物から抽出されたタンニンでなめし、表面処理を一切施していないもっともナチュラルなレザーです。 ヌメ革といえば、前回のエントリにて紹介した4代目breeがボチボチと日光浴(日焼け)が完了しそう、、、という事もあって、新品状態から如何に日焼けで変化したのか!を育成日記という新企画を以ってご紹介したいと思います!

breeのエイジングについて. BreeのNatureシリーズ ヌメ革のエイジングの報告です。使用開始後5年間ほど経ちましたが、その間は何も意識せずに毎日の生活に溶け込むように使用されてきました。その結果のエイジングなどを報告し … 革製品には、「育てる」という楽しみ方があります。今回はもっとも経年変化が楽しめる「ヌメ革」について調べてみました。少しでもご参考になれば幸いです。

BREEのヌメ革は、エイジングが本当に素晴らしいです。 使い方にもよりますが、手入れせずに使い続けるとかなり汚い感じになるので、手入れをする方がオススメです。 このメーカーは財布だけでなくバックやペンケースなども真っ新のヌメ革の状態で販売しておりますが、当然新品の時は完全な肌色をしており使用感は全くありませんでした。

ヌメ革エイジングの楽しさを教えてくれたbreeの小銭入れだけは、この先もずっと使い続けていきたいくらい。これはもはや意地にも近いですねwww

ヌメ革のシステム手帳、ほしい染めていないヌメ革は、時間経過とともに白っぽいベージュから艶やかなこげ茶に変化していきます。経年変化、エイジングともいい、とっても楽しいし愛着がわきます。2008年に購入したほぼ日手帳カバー。 いつの間にかこってりと濃いこげ茶色になりました。 「bree(ブリー)」の定番「nature(ネイチャー)」シリーズのコインケース『j9』。 breeは日本での一般的な知名度は正直かなり低いですが、ヌメ革好きには定評のあるブランドで、特にコインケースは2代目、3代目と買い換えて使っている方も多い人気アイテムです。