Windows Server 2019は2016版からの3年ぶりのリリースですが、 ハイブリッドクラウドの実現 によりデータやワークロードの保護、ファイル共有サービスの高速使用など機能が充実しています。 コンテナ機能も強化 されており、柔軟性も高まっています。 Windows Server 2019のインストールを検討され … 基本的にはWindows 10のBuildベースとなるので、Windows Server 2016との比較はあまり望ましくないのかもしれませんが、せっかくなのでアプリ以外の観点で、2016と2019の違いを見ていきたいと思います。 まずはトップ画面。スタートメニューのまとめ方がひらがな読み順になっていたり、ソフトキーボ… Windows Server 2019 Windows Server 2019を仮想環境にインストールする時に使用するメディアに対して 必要なプロダクトキーとインストール後のライセンス認証の有無 Windows Server 2019 の最新機能と、Windows Admin Center でハイブリッドを実現する方法について説明します。 詳しくはこちら. Windowsをネットワーク(インターネットや社内LANなど)に繋いだら通信速度が遅く感じる場合があります。Windowsのネットワーク設定機能の一つにSNP(Scalable Networking Pack)と呼ばれるネットワーク最適化機能があります。この機能が原因でネットワーク速度を低下させる事があります。 企業が Windows Server と Azure を使用して、どのように可能性を追求しているかご覧ください。 Windows Server バージョンの機能比較. Hyper-V の仮想マシンでネットワークの通信速度が遅くなることがあります。一般的なWebサーバーでは気づかないことが多いですが、大容量のファイルをコピーするファイルサーバーでの利用や、メールサーバー、データ処理用マシンで通信速度の低下が顕著に出ることがあります。 なお、Windows Server 2019をゲストとして動作させるには、物理環境がWindows Server 2016以降である必要がありま す。 表-4. 歴史 『Microsoft Windows Server 2019』は、2018年3月20日に発表され、同日、Windows Insider向けにプレビュー版が提供された 。 製品版は2018年9月2日にリリースされた 。. 2018年秋、Windows Serverの新しいバージョンである、Windows Server 2019が公開されました。見た目はほぼWindows Server 2016と変わりは無いものの、サーバー用途として玄人受けする新機能が追加されています。その中でも注目しているのはストレージ関連です。 Windows Serverでは、新しいスト …