Windows 10 のスクロールバーが非表示になっているため、最初から表示されている画面より下に項目があるのかわからない。そんなときには、[スクロールバーを自動的に非表示にする]の設定をオフにすることで解決します。 3 「Windowsのスクロールバーを自動的に非表示にする」をオフにする. Windows 10 の [スクロールバーを自動的に非表示にする] をオフにする(常に表示する)。 レジストリでの設定方法も紹介します。 Windows 10 のスクロールバーが非表示になっているため、最初から表示されている画面より下に項目があるのかわからない。

Windows10 のスクロールバーを表示する(非表示にする)方法を紹介します。 デフォルトでは「非表示」になっているスクロールバーは このように「表示」することもできるので、ここではその設定方法をみていきます。 Windows10 - スクロールバーを表示/非表示 それでは実際に設定してみましょう。 オフにすると画像のようにスクロールバーが表示されたままになります。 元の非表示にしたい場合は、設定をオンにすればスクロールバーは非表示の状態になります。 windows 10 のタスクバーを常に隠し非表示にして、必要な時だけマウス操作で表示するようする。 動画の全画面表示でタスクバーが隠れない、タスクバーを自動的に隠すに設定していても隠れないときの解決方法。 Windows10では「設定」アプリやストアアプリのスクロールバーが非表示になっています。完全に非表示というわけではなく、右端に細い縦線が表示されているので、そこにマウスポインターをもっていくと垂直スクロールバーが現れます。でも、これはメンドー、不便です。