仮想ディスクがマッピングまたはマウントされていないことを確認します。仮想ディスクがマップまたはマウントされている場合は、拡張できません。 仮想マシンにスナップショットがないことを確認しま … 拡張領域が「回復パーティション」の後ろに出来るなんて・・・乙。 Windows標準のディスク管理画面では、パーティションが連続していないと、元からあったパーティション(Cドライブ)と追加したパーティションを結合できません(泣)。 VMware仮想ディスクの拡張、縮小、圧縮が分かりずらいので、まとめました。VMwareで作成した仮想ディスクは拡張、縮小、圧縮が出来ます。ディスクサイズを「大きくすること」は拡張であって認識違いを起こす事はありません。しかし「小さくするこ 注: 仮想ディスクがシックの場合、または仮想マシンが実行中の場合、このオプションは使用できない場合があります。 結果 拡張された仮想ディスクは、最初にプロビジョニングされたデータストア容量全体を専有します。 これはゲストOSのWindowsでも、VMwareの仮想マシンでもです。 また、VMware ESX4.0からは仮想ディスクをゲストOSオンライン状態で拡張できるようになりました。 そのはずなのですが・・・、 「あれ?仮想マシンのディスクサイズがグレーアウトして拡張できない? VMware のナレッジに情報がありました。 [KB2075779]仮想ディスクのサイズの増加 (2075779) スナップショットがあると仮想ディスクの拡張はできないようです。 以下の手順でスナップショットを削除してみます。 【操作手順】