javascriptの連想配列(オブジェクト)の要素数を知りたい時Object.keys()を使うと便利。 var myKantai = { flagship: '鬼怒', destroyer1: '吹雪', destroyer2: '白雪', destroyer3: '初雪', destroyer4: '深雪' }; 例えば上の様なオブジェクトの要素数を知りたい時は var length = Object.keys(myKantai).length; console.log(length); // 5 … PHP の連想配列で最初の要素を取得する方法について。 ちょっと直感的ではなくまたすぐ忘れてしまいそうなのでここに書き留めておきます。 最初の要素の「バリュー」を取得する 値を取得するのはかんたんで reset() 関数を使えば OK… array_shift() は、array の最初の値を取り出して返します。配列 array は、要素一つ分だけ短くなり、全ての要素は前にずれます。 数値添字の配列のキーはゼロから順に新たに振りなおされますが、 リテラルのキーはそのままになります。 どうも、コウイチです。今回は、JavaScriptで連想配列の要素数を取得するところで見事にハマりましたので、覚え書きがてら書いてみます。普通の配列の要素数を取得してみる。普通の配列の要素数を取得するには、.lengthを使えばいいですよね JavaScript で配列の最後の要素を取得するもう一つの方法 JavaScript array[array.length - 1] や array.pop() にはいくつかのデメリットがあり、使いづらいことがありますが、もう一つ良さそうな方法 … 元の配列を破壊したくないとき. 先頭の要素は添え字[0]、末尾の要素は添え字を[Array.length - 1]として取得できます。 それ以上に必要な場合はArray.prototype.slice() で必要な分だけ切り取ります。 Array.prototype.slice() は、新しい「配列」を返す関数なので、 配列はプログラミングを行う上ではずすことができないものです。 使い方はプログラミング言語により多少の特色はありますが、大差はありません。 JavaScriptの配列は、いわゆる普通の配列と連想配列…