ディスク領域を解放するには回復パーティションを削除する?回復ドライブの作成などのモノを持っているので、回復パーティションが必要なものにならなくなった?この記事ではWindows10で回復パーティションを削除する三つ方法を教えます。 Windows10のカスタム回復パーティションを作成する方法 システム、他のアプリケーションやソフトウェアなどを再インストールすることを嫌うユーザーにとって、Windows 10のカスタム回復パーティションを作成する方がより簡単です。

インストール メディアを使用して Windows 10 を再インストールする: PC が起動しない。回復ドライブは作成していない。 インストール メディアを使用して PC を復元する: PC が起動しない。作成済みの回復ドライブがある。 Windowsインストール時にdiskpartで手動でパーティションを作る いつごろからは知らんが、少なくともWindows 10では大規模更新時に回復パーティションの容量が不足していると、新たな回復パーティションを作るという大変お行儀の悪いことをしてくれやがる。

ディスク0を見ると、「回復パーティション」「正常(EFIシステム)」「ドライブ(C:)」の3つに別れています。 これは、ユーザーがパーティションを分割したわけではなく、Windows10をインストールすると自動的にこのように分割されます。 [Windows のインストール場所を選んでください] 画面で、ドライブ上の各パーティションを選択し、 [削除] を選択します。 Windows10で作成された回復パーティション Windows8.1で作成された回復パーティション を削除して、手動でパーティションを切ればDドライブは無事なままWindows10をクリーンインストールできましたので安心してください。 回復パーティションは、システムハードドライブ上の特殊なパーティションで、システムに問題が発生した場合にシステムを工場出荷時の設定に復元するために使用されます。最近、ユーザーから「Windows 10回復パーティションを削除しても大丈夫? インストールの種類を選択する場合は、 [カスタム] を選択します。 When choosing an installation type, select Custom. ※ 回復パーティションの空き領域が 100 %に見えますが、ドライブ文字を割り当てればちゃんと入っているのがわかります(→ 右の画面は、アップグレードした pc のもので、上のクリーンインストールしたものとは別ですが)。