発熱の4日のルールは、 肺炎やかぜ以外で起こる急な発熱疾患を見逃さないためのルール. インフルエンザですぐに熱が下がる理由をわかりやすく解説。高熱が出る仕組み、熱が下がるまでの期間も紹介します。熱が下がってからも注意すべきポイントも掲載! 1) かぜによる熱はふつう3~4日で解熱するので、4日以上熱が続くときには肺炎や他の病気が原因ではないかと疑い始めます 2) 発熱して4日後には、胸部レントゲン撮影や血液検査、尿検査などを考慮します 忙しく頑張りすぎる現代人に、原因不明の発熱「不明熱」が増えている。体温が上がるだけでなく、全身の倦怠感や集中力の低下で仕事の能率が下がり、イライラが募るなどの症状が続く。 1990…

一昨日の夜、寒気とだるさがあったので体温を計ってみたら38度ありました。室温が28度あり、主人は暑いと言ってたのですが私は寒くて毛布を掛けて就寝しました。翌朝、熱は37.5度に下がって、夜には平熱に戻りました。薬は一切飲 熱が上がったり下がったりする病気は大人の場合は何が考えられる? 4つご紹介いたします! そんなに出る事が無いという健康な人であっても、油断をしてはいけません! 意外と多いので気をつけた方がい … どうしても仕事を休めない局面で39度の高熱を出したことがあります。「今は絶対休めない!」という状況では基本的に風邪を引かない体質なのですが、その時は本当に焦りました…。 なんとか1日で治すことができないか病院の先生に教えてもらい、見事に高熱を1日で下げる事ができました。

症例1。 3日前から強い全身倦怠感と熱で受診。熱は37℃台に下がることもあるが何回測っても体温は最高38.3℃。38.5℃以上じゃないんで「インフルエンザとは違うハズ」とガタガタ寝込んでいたがやっと38.6℃に到達っ!したんで受診したんだと。