国保に加入している方が入院したとき,食事代に係る費用について「標準負担額」を負担することになります。 住民税非課税世帯の方の場合,申請によって標準負担額を減額することができます。 ※ 標準負担額は高額療養費の対象にはなりません。 入院中の食事代は、保険証の提示により1食当たりの金額が「一般」の額となります。ただし、住民税非課税世帯に該当する方は、保険証と一緒に「限度額適用・標準負担額減額認定証」を提示することで下表のとおり食事代が減額されます。 長期入院該当の場合は申請が必要です。 過去12か月で入院日数が90日(区分Ⅱの減額認定証の交付を受けていた期間に限ります)を超える場合は、お住まいの区市町村の担当窓口に入院日数のわかる病院の請求書・領収書などを添えて申請してください。 また、食事代の減額 ... おられる方で、申請日以前の12か月で91日以上の入院がある方については、再度申請して長期入院該当の認定をうけることにより、入院時の食事代が91日目より1食あたり210円から160円にさらに減額されます。 生活保護受給者が入院すると生活に様々な影響が出ます。 良い影響ならいいのですが、残念ながら悪い影響が出ます。 そのため、入院する時の注意点をまとめました。 注意しないと、生活に支障が出るので、入院予定の方は、 必ず目を通してください。 ※ 長期該当(1食160円)は、低所得2(1食210円)の認定を受けてから、過去12か月の間に入院日数が90日を超えた場合、入院日数を確認できる領収書等を添付して申請した場合、適用されます。 療養病床へ入院する方:減額後の食事代等