車検証の車両重量をご確認下さい。 自賠責保険料 タイプを選択してください 乗用車 24ヶ月(\21550) 乗用車 25ヶ月(\22210) 軽自動車 24ヶ月(\21140) 軽自動車 25ヶ月(\21780) 自動車税と同じで、やはり軽自動車も重量税の増税があります。 ただし、軽いので税金も少なめです。 エコカーであれば、5,000円. 自動車重量税の早見表「13年超・18年超の割増付き」 車体重量 通常 13年経過 18年経過; 軽自動車: 6600: 7600: 8800 ~500kg以下: 8200: 10000: 12600 ~1000kg以下: 16400: 20000: 25200 ~1500kg以下: 24600: 30000: 37800 ~2000kg以下: 32800: 40000: 50400 ~2500kg以下: 41000: 50000: 63000 ~3000kg以下: 49200: 60000: 75600 ※この表は自動車重量税2年分に対応.

軽自動車の重量税でいえば、最初の新規登録から13年経過・18年経過した車両に対して課せられます。 エコカーやエコカー減税が適用される軽自動車に関しては… ⇒ 軽自動車の重量税(車検/継続検査)にて説明。 車検と共に支払われるこ … エコカー以外も、13年未満で6,600円、13年以上で8,200円、18年以上で8,800円になります。 税金が高くなるのには、理由がある
自動車税と同じで、やはり軽自動車も重量税の増税があります。 ただし、軽いので税金も少なめです。 エコカーであれば、5,000円. 2014.4.3 重量税の18年・13年超え早見表 18年・13年経過車両(普通車:年月単位 軽:年単位) (注)以前・・・・表中では、11月以前は、11月を含みます。 新年度登録から13年が経った車両は『自動車税』『重量税』が増税になります。 これを機に車の買い替えを検討する方もいらっしゃいます。 13年経過の増税は、普通車、軽自動車、ハイブリッド車の全ての車種によるのでしょうか。 また増税の場合、いくら増税されるのでしょうか。 エコカー以外も、13年未満で6,600円、13年以上で8,200円、18年以上で8,800円になります。 税金が高くなるのには、理由がある 軽自動車の税金(軽自動車税・重量税・取得)について分かりやすくまとめました。2019年度(令和元年度)の最新のエコカー減税に対応。エコカー減税の仕組みや、税額が上がる時期、登録車(普通車)との違いについて。軽自動車の税金を安く節約する方法をご紹介します。 ですが、 自動車税は13年目のみの増税 です。 ただ、18年落ちの車となると、あちこちガタがくるでしょう。 増税はされなくとも 修理費・部品代などの出費 は覚悟が必要です。 重量税は13年超え・18年超えで増税!早見表でチェック

自動車保険の【チューリッヒ】公式サイト。自動車税は13年を超えると高くなるのかご説明。自動車税は車検証に記載の新規登録日から、13年以上経過すると高くなります。10年・13年・18年など古い車(中古車)の自動車税・自動車重量税の重課もご説明。 ・13年を超える車は自動車税や重量税が高くなり、修理する箇所も増える負担を理解しよう! ・車検にかかる費用や維持費を考えて、今後の買い替えを検討していくことも大切! ・下取りと買取で比較、ネクステージなら古い車でも査定額がつくのでお得! 13年を超えた私の軽自動車の維持費。 軽自動車税と重量税とガソリン代を考えると、新車に買い換える場合と、このまま乗り続けた場合では、年間23,000円くらい、乗り続けたほうがよりお金がかかるだろうという予想ができました。