火災や自然災害の被害に遭った時、火災保険に加入していれば保険金を受け取ることができます。火災保険は建物や家財が対象なので、数千万円の保険金が支払われる場合もありますが受け取った保険金には税金はかかるのでしょうか? 火災保険の確定申告方法が知りたいですか?本記事では火災保険の確定申告方法や税金について初心者向けにわかりやすく解説しました。 現在火災保険に入っているけど、保険金がおりたら税金がかかりそうと不安があると考えている方は是非記事をご覧ください。 修繕費が火災保険金を上回る方だけが雑損控除の確定申告をするのだそうです。 火災保険は確定申告が必要ないのですが、うちは別の件で毎年確定申告をしています。 昔は税務署で相談しながら確定申告していました。 最近は国税庁のホームページにある 確定申告すべき火災保険・地震保険のこととは? 火災保険・地震保険という住まいの保険に関係して確定申告することが2つあります。 1つは保険料を支払っているときに地震保険料控除を利用するケース、もう1つが火災や災害などで保険金を受け取ったケースです。 生命保険や傷害保険、火災保険などから保険金や満期給付金を受け取ったら、税金はかかるのか、 確定申告は必要か、気になるポイントを保険金の種類別にまとめました。 火災保険が満期をむかえた場合、案内が届くでしょう。 更新・解約のどちらを取るにしても、火災保険の見直しを行ってください。 また満期返戻金がある場合は、確定申告が必要となる可能性があります。 火災保険に加入している方へ 保険金の受取りで確定申告は必要?損害保険・生命保険の税金. 多くのサラリーマンの方には、確定申告をする義務を持ちません。しかし、特別な収入があったときは例外です。たとえば、保険金を受け取った場合など。この記事では、確定申告が必要になる保険金は何なのか、具体的にどんな税金が課せられるのか、などについて詳しく解説します。