進捗管理とは生産の進み具合を確認することです。日程計画と実際の進捗との差異を認識・分析して、生産の遅れへの対策を検討・実施します。 ③余力管理. 1.工数とは. 工数計画およびそれに対応した余力管理に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ア 各職場・各作業者について手持仕事量と現有生産能力とを調査し、これらを比較対照したうえで手順計画によって再スケジュールをする。 「負荷計画」のことを「生産能力計画」とか「余力計画」と呼ぶ場合もあります。 「余力」とは「生産能力」から「負荷」を引いたものです。 2.負荷計画の目的 「負荷計画」には次のような目的がありま … 「余力管理」とは、 「各工程又は個々の作業者について現在の負荷状態と現有能力とを把握し、現在どれだけの余力又は不足があるかを検討し、作業者の再配分をおこなって能力と負荷を均衡させる活動。 最小の在庫で欠品なく効率よく生産するために、需要予測と販売計画から生産計画を立案し、部品展開で資材所要量計画(mrp)を行い、基準在庫を設定して、売れるスピードに追随するために必要な生産能力・リソースを手配する、生産計画の立て方と手配の仕方を紹介します。 最小の在庫で欠品なく効率よく生産するために、需要予測と販売計画から生産計画を立案し、部品展開で資材所要量計画(mrp)を行い、基準在庫を設定して、売れるスピードに追随するために必要な生産能力・リソースを手配する、生産計画の立て方と手配の仕方を紹介します。 工程管理とは何か? 工程管理の概要から、 生産形態、工程計画、工程統制、日程計画、生産計画、ie(インダストリアルエンジニアリング)など 工程管理に関係する内容をまとめました。 問題. 工程計画は手順計画・工数計画・負荷計画・日程計画に、工程統制は作業手配・進捗管理・余力管理・現品管理・実績資料管理に分けられます。 これらは、その時のプロジェクトだけでなく、将来的にも活用されるデータとなります。 「標準時間」について説明します。 「負荷計画」を計算するためには、製品別の 「標準工数」 が必要です。 「標準工数」を決めるためには、 「標準時間」 が必要になります。 また、「標準時間」は、「基準日程(生産リードタイム)」の基礎データにもなります。 「工数計画」とは、製品別の「日程計画(生産計画)」の「生産数量」に対して必要な「工数」を、工程別あるいは、部品別に「人・時」などの「所要工数」に換算することです。 3.工数計画の用途 「工数計画」は、次の用途に使用されます。 負荷計画 工数計画およびそれに対応した余力管理に関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ア 各職場・各作業者について手持仕事量と現有生産能力とを調査し、これらを比較対照したうえで手順計画によって再スケジュールをする。 工程管理の概要 から、工程 計画 工程統制、ieなど品質管理に関係する内容をまとめました。 「余力管理(工数 管理)」です。 「余力管理」について説明 します。 「工数 管理」とも呼んでい … 工程管理の概要 から、工程 計画 工程統制、ieなど品質管理に関係する内容をまとめました。 「余力管理(工数 管理)」です。 「余力管理」について説明 します。 「工数 管理」とも呼んでいます。 世界大百科事典 第2版 - 余力管理の用語解説 - 第1は,実際の生産活動を行っている最中に,標準工数と実績工数との差異を把握し,その差異をできるかぎり少なくし,生産活動が円滑に進行しうるような調整方法を考案し,結果として工数を節減する方法である。 工数管理が必要な理由から、行うことで得られるメリットまで解説しています。さらにエクセルを使用した方法と流れ、メリット、デメリットについても紹介しているため、エクセルで工数管理を考えている方はぜひ参考にしてください。 まず、工数管理の「工数」という言葉について確認しましょう。 工数をわかりやすく言うと、「作業時間」に近い概念と言えます。 主にシステム開発や製造の現場で使われてきた用語ですが、現在では幅広い分野でこの言葉が利用されています。