Yahoo!知恵袋でこの相談を見る. 高低差がある土地は建築費用が高くなるリスクがある . 擁壁のある土地は色々と注意すべき点があるのですが、景色が良かったり、価格が安かったりと魅力的な土地もあります。 擁壁のある土地を買うかどうか迷っている方は、ぜひ下記をご覧ください。 擁壁のある土地の注意点 擁壁が不適格擁壁でないか? 建築基準法には高さが2m 擁壁(ようへき)は、急傾斜地危険区域にある大規模なものから、1mちょっとの簡単なものまであります。 擁壁がある土地は、安全面でも経済面でも、擁壁のない土地よりもリスクが大なり小なりあるもの … 不適格擁壁のリスクを回避するために . 高低差がある土地は購入価格が安い一方で、家の建築費用が高くなりやすいというデメリットがあります。 これは、家を建築する際の造成工事などの費用がかさむためです。安いと思って買っても、「トータルの費用で結局割高になって�

3m強の擁壁を持つ土地購入のリスクについて . Q 擁壁のリスクについて 土地購入の際に注意したいので教えてください。 ... 擁壁を伴う土地は、忌避する事。 ご用心あそわせ。元建設技術者でした。合掌。 ナイス: 0 この回答が不快なら.


隣地などとの間に高低差があるときに造られる「擁壁(ようへき)」ですが、すでに擁壁のある中古住宅や土地を購入するときには、どのような注意が必要なのかを考えてみましょう。(2017年改訂版、初出:2011年7月) 私が書いた以上のことを読まれていかがですか? 私が、決して皆様を意味もなく不安におとしめるためでも、大げさにお伝えしているわけでも無い事をご理解ください。 現状の不動産取引の中では、「重要事項説明書」などの中で「取引に対するリスク� すぐに回答を! 2007-09-24 23:13:50; 質問 No.3374239; 閲覧数 3341; ありがとう数 2; 気になる数 0; 回答数 2; コメント数 0; Saitodesu.