手紙やビジネス文書を書くときの用途別の文例集をご紹介します。季節の挨拶状・案内状・招待状・お礼状・お祝い状・詫び状・断り状・弔事の手紙・依頼状・通知状・お見舞い状・催促状についてご覧いただけます。 卒業シーズンは様々な人との別れとなります。仲の良かった友達やお世話になった先生などに卒業メッセージや手紙を贈る事が多くなります。そして、親が子供に後輩から先輩に贈る言葉を贈る事もあります。感動する素敵な卒業メッセージを贈る為に参考にしたい例文などをご紹介します。 3月は学校行事で卒業式あり、ビジネスシーンでも手紙や挨拶状などを多く書く季節でもあります。時候の挨拶は、季節によって異なりますが、3月の時候の挨拶は、どのようなものがあるのでしょうか?今回は3月の卒業式やビジネスシーンで使われる時候の挨拶についてまとめます。 卒業祝い・就職祝いの手紙の書き方マナーと文例・例文をご紹介します。卒業祝いと就職祝いは同時期の祝い事であることから、両方を兼ねた書状を送ることが多いです。片方のみを祝う場合は、就職祝いとして送るとよいでしょう。 卒業祝い・就職祝いの手紙を書くときのマナー まずは卒業祝い・就職祝いの手紙を書くときのマナーについてお伝えします。お祝い状で祝福する気持ちを伝えるつもりが、マナー違反をしてしまわないよう読んでおいてくださいね。 さん 拝啓 暖かな春風が心地よい季節となりました。 さんにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか。お手紙もご無沙汰してしまい申し訳ありません。 さて、このたび私は無事に大学を卒業することができましたことをご報告いたします。 手紙を書くときに季節の挨拶で困ったことはありませんか。失礼のないようにしたいけれど、どんな言葉を選んだらいいのか分からないと言う人は多いでしょう。今回は、時期やシーン別に季節の挨拶の例文をご紹介しています。 時候の挨拶とは、日本で手紙やはがきなどで挨拶を書く時に、四季折々の気候を文章の最初に使う礼儀の言葉です。 三月は年度変わりの月であり、卒業式や人事異動の送別会が行われ別れの季節であり、引っ越しや新生活の準備などで忙しい時期です。 時候の挨拶 手紙の中で頭語の後にくるのが時候のあいさつです。季節にふれるあいさつは手紙のもっている美しい伝統のひとつです。時候の慣用句もありますが、自分なりの表現で、季節感をうまく工夫して相手に伝えると良いでしょう。