早いもので、今年もあと2週間あまりとなる。12月の恒例行事といえば、やはり忘年会は外せない。 ところで、会社が負担した忘年会費用はすべて福利厚生費として費用処理できると思われがちだが、実はそうではない。 忘年会のシーズンになり、上司指示により会社で計画を進めています。毎年会社からは1人3千円、出欠にかかわらず人数分の金額(従業員100人で参加者50人でも30万円支給)を補助してくれていました。で、世の中は経費削減の折、今 会社の業務に関連する忘年会であれば交際費、個人的な忘年会であれば給与として取り扱われます。 なお、会社の規模が大きかったり、勤務地、勤務時間帯などで一斉に忘年会を行うのが難しいので、部署ごとなどのグループに分けて忘年会を行うこともあるでしょう。
従業員で行う忘年会費を補助するために従業員に金銭で補助金を支給した場合は、当該補助金は課税仕入れに該当しません。 ただし、 会社宛の領収書等により会社が負担した課税仕入れであることが明らかにされているときは、課税仕入れに該当します。 忘年会のシーズンになり、上司指示により会社で計画を進めています。毎年会社からは1人3千円、出欠にかかわらず人数分の金額(従業員100人で参加者50人でも30万円支給)を補助してくれていました。 … 会社経営で社員を雇ってビジネスをしている場合、忘年会や歓送迎会など社内で飲み会を開催する機会が必ず出てきます。 そうしたとき、福利厚生費を利用すれば経費にできることは想像できます。ただ、福利厚生費として経費計上するために … 12月は忘年会でも忙しい . 一部の人間だけで行うような忘年会は会社の経費にできないというのが原則です。 例えば、「役員だけ」とか「一部の幹部だけ」とかいったように、一部の人間だけで行うような忘年会は、基本的には福利厚生費としては経費にできません。 もちろん会議のために行うのであれば「会議費」と�

「会社の行事なのに忘年会の会費は自己負担なの?」という人はいないだろうか。会社が払ってくれるものだ、と思っていたものが急に自分のサイフから出て行くとなると、少ない小遣いで毎月やりくりしているビジネスマンにとっては痛い話だ。