弁護士等の報酬の場合、報酬・料金等の額に10.21%の税率を掛けて源泉徴収税額を算出します。. 内国法人に支払う報酬・料金等で源泉徴収の対象となるものは、馬主に支払われる競馬の賞金のみです。国税庁のタックスアンサーでも「税理士法人や弁護士法人は、いずれも内国法人に該当しますので、源泉徴収は不要です」と記載されています。

個人や法人が源泉徴収義務者に該当し、かつ、給与を支払う人数が常時10人未満である場合には、給与、退職金、税理士・弁護士等の報酬について源泉徴収をした所得税について、年2回にまとめて納付できる特例制度があります。 キャバ嬢で確定申告を考えています。去年働いていたお店は、弁護士をたてて辞めているので源泉徴収票を貰えないと思いますし、こちらからは連絡をしたくはありません。報酬精算書はある のですが確定申告は可能でしょうか? [平成31年4月1日現在法令等] 1 源泉徴収が必要な報酬・料金等の範囲 源泉徴収が必要な報酬・料金等の範囲は、その報酬・料金等の支払を受ける者が、個人であるか法人であるかによって異なっています。 ただし、同一人に対し1回に支払われる金額が100万円を超える場合には、超える部分については、20.42%の税率を掛けて算出します。 例…弁護士に対し、150万円の報酬を支払う場合

税理士、弁護士、司法書士などに報酬を支払ったりする場合には、その支払の都度源泉徴収をしなければなりませんが、その事務作業は面倒ですし、忘れてしまいがちです。 ご自身だけでビジネスを行っているようなフリーランスの方などは、 […]