娘は、4月から中学3年生。 毎日 5時間家庭学習をしています。 コロナウイルスで学校が休校になり、 この1か月、受験生にとっては、かなり差がつく1か月になると予想し、 毎日5時間の勉強を続けるように、 アドバイスし、素直に実行中です。 コロナの影響で休校期間が延長になり、勉強の遅れが心配な方が多いと思います。この休校期間は、家での勉強を習慣にするチャンスです。「うちの子供は家で勉強したことが無い」という方のために、短く3つのステップにまとめてみました。休校に悩む保護者の方は必見です。 !どのくらい勉強させるべきなのか、結構迷いませんか? 急に休校になった事や、家庭により事情が違うことから、特に学校でも勉強時間の指示などもなく、ネットなどを調べると。 2020年4月30日時点で、新型コロナウイルスで休校になって早2か月。 5月末まで休校が延びることも決まりました。 今後もさらに休校が延びそうなこの状況の中、1日1~2時間の勉強で、この休校中をこのまま過ごしていて本当に

子供がコロナの影響で休校になったことから、気になることの1つが【 子供の勉強時間 】について! コロナで学校が休校のときの勉強法。急に学校が休みになって、心の準備ができてなくてに戸惑っている人も多いです。子供にはダラダラと過ごすだけでなく、勉強もしてほしいもの。「勉強といっても何をさせていいのかわからない」という人は参考にしてください。 勉強時間を記録できる「Studyplus」というアプリを運営するスタディプラス株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役:廣瀬高志)さんの調査によると、Studyplusを利用する高校生の勉強時間は、休校前にくらべて休校中は40%も増えているそうです※2。