② 不十分な水分摂取は、結局身体の水分量の不足を招く。 小児科でみられる赤ちゃんの症状; 赤ちゃんの脱水(1) 赤ちゃんの脱水. 脱水症の病態生理について、脱水症の原因(水分摂取障害、水分供給不足)、高張性脱水(水欠乏性脱水)、低張性脱水(Na欠乏性脱水)それぞれの随伴症状、診断・検査、患者への看護などについてまとめます。看護学生のレポート例です。 脱水の分類と治療 ・脱水は血清ナトリウム濃度(張度)によて、高張性脱水、等張性脱水、低張性脱水に分類され … 脱水とは、なんらかの原因で体内の水分の喪失、または水分の摂取不足が生じ、そのことから体内の水分および電解質、すなわち体液が欠乏した状態をいいます。 理論的根拠. ⑭ 脱水の徴候として、口渇を観察する . 脱水であれば2秒以上を要する。(爪を心臓の高さにおいて評価) ・尿量減少 ・体重減少 . ① 速い頻拍、血圧上昇、発熱は脱水または脱水の原因となる合併症を示す. 脱水は、ナトリウムや塩化物などの電解質を含む水分を与えることで治療します。脱水が軽度であれば、一般に水分は口から与えます。特別な経口補水液(ors)も利用できますが、軽度の下痢または嘔吐のみがある小児では、必ずしも必要ではありません。