Key words:子ども,看護師,プレパレーション,採血・点滴 1.はじめに 多くの子どもが処置を受けることに恐怖心や不安を 伴うことはよく知られている。英国では,1959年に入 院中の子どもの情緒的な側面や発達段階に着目するよ うPlatt Reportが政府に勧告された。また,スウェー デンでは,1956

小児看護 2006-5 vol.29 NO.5 / へるす出版 滋賀医科大学医学部看護学科臨床看護学講座(小児看護学)教授 楢木野 裕美; 小児医療の現場で使える プレパレーションガイドブック (2006/04) 小児看護学―子どもと家族の示す行動への判断とケア (2005/07) 手術用・骨髄穿刺用プレパレーション・ツールである. 2005/10/02 00:00 ; Keyword : チャイルドライフ・デザイン. 種によるプレパレーションを行っている。今回,その 取り組みの現状と成果を明らかにするため,2018年4 月~2019年2月に医師とccsが検討し,非鎮静下で mri・ct・シンチグラフィー・spect・petが可 能と見込まれた35人のプレパレーションと子どもと家 族の反応を診療録より後方視的に検討し … 小児を扱う医療機関や施設では、「プレパレーション」と呼ばれる方法を用いて、子どもたちが医療行為を受け入れられるようにサポートをしています。 プレパレーションを行うことで、子ども自身が納得して医療行為を受け入れようとする対処能力を引き出すことができます。 プレパレーションにあたっては、その子どもの生活経験に基づいて、ゆっくりと事実と現実を具体的に表現できる状況をつくることが大切です。 へるす出版刊行「小児看護」 2006-5 vol.29 No.5(539頁)より抜粋 プレパレーション.