そして、クラウンにはガソリン車とハイブリッド車があります。 セダンとしては室内が広く、トランクのスペースも広いので実用的です。 長距離の移動にも適しているのでビジネス用高級車として使われることも多いです。 (クラウンロイヤルの室内) ここではメーカーや排気量に関係なく「ボディタイプが4ドアセダンであるもの」という条件で抽出し、室内幅が長いものから順に並べています。. 国産スポーツカーの、4ドアセダンスポーツカーの中で、最も室内空間が広いのは、レクサス・gsfです。 レクサス・gsfは、それまで発売されていた、レクサス・gsに、「f」が付いた追加グレードです。 コンパクトカーの「広い車内」のランク付けは、「室内長」「室内幅」「室内高」の3つを掛けた合計値で計算しています。 それと、同じメーカーの姉妹車や別メーカーとの共同開発の場合は、車内の広さが同じになっている場合があります。 ここでは、エンジンの排気量・自動車メーカーを問わず、ボディタイプが 4ドアセダン に属する車を集めて、 車内の空間が広いもの から順番に並べています。. このランキングにおいて室内の容積(室内長×室内幅×室内高)が最も小さかったのは、3シリーズ セダン(325ix e30)の2446.8l、最も大きかったのはガリュー リムジンs50(350lx)の5015.5lで、その差は2568.7l、また該当する全ての車種の平均は3242.7lという結果になりました。 セダンのメリットは室内空間が高級な車や乗り心地にこだわった車が多いこと です。 おもな用途としては日常的に使える街乗りが向いています。 とくに コンパクトセダンは、小回りも利くので扱いやすい で … 国産4ドアスポーツカーの中で最も広い車は、レクサス・gsf .