嘱託社員というのは法的に定義されているわけではありません。 また賞与や退職金についても特に労働基準法その他で定めがあるわけでもありませんので、就業規則や労働契約書によって企業が自由に規定をすることでルール化するものとなります。 また、そもそも今回の事件での賞与の性格は正社員という「身分」に対して支払われていたと考えられます。 これは「雇用形態又は就業形態に関わらない公正な待遇を確保」という日本型同一労働同一賃金の前提を考えるとそもそも問題があるといえます。 基本的には手当などを除いた基本給を基本に計算されることが多いです。 退職を予定している社員の賞与を減額することは可能なのでしょうか? 判例をもとに理由などを解説します。 またそのような減額規定を設けたら就業規則の不利益変更に該当するのでしょうか?わかりやす … 嘱託社員の賞与退職金 . ボーナス支給の有無や金額の基準に関して法的な根拠を持つのは、 会社の就業規則や労働組合と会社の間で結ばれる労働協約、労働者個人と会社との間で取り交わされる労働契約など です。 無期転換した労働者は、無期契約社員となります。無期契約社員には正社員の就業規則がそのまま適用になってしまう可能性があるため注意が必要です。企業法務のご相談は法律事務所ホームワンへ 契約社員就業規則②(中小会社・製造業) のテキスト 契約社員就業規則 (総 則) 第1条 この規則は、株式会社 (以下「会社」という。)の契約社員の雇用および労働条件に関する事項を定めたものである。 まずは就業規則、労働協約、労働契約を確認. 賞与については就業規則などで定められているため、求人票の内容だけでなく、労働契約書や就業規則もあわせて確認しましょう。 どれぐらいの金額が支給されるのか.