上記のハイリスク基準に該当する方は当院での分娩をお受けすることができませんのでご了承ください。 診察にて異常が発見されたり、妊娠経過中に異常が発生する場合もありますのでその際は医師の指示にしたがって下さい。
また、ハイリスク妊娠のまま出産を迎えることを「ハイリスク出産」、妊娠前にハイリスク妊娠の可能性が見られる妊婦を「ハイリスク妊婦」と言います。 妊娠はわたしたち女性に与えられた権利の1つですが、同時にお腹の中に宿す胎児に責任が伴います。

ハイリスク郡となり、妊娠リスクが高いとされます。 妊娠リスクスコア4点以上の妊婦方が出産することをハイリスク出産と言います。 自分が今どの程度のリスクを抱えているかを知ることは、母子の安全な出産のためにとても大切なことです。 8.4%が喘息に罹患している1)とされるが,米国に て,2000年~2003年の調査で,妊娠期間中に4.1% の妊婦が喘息発作を起こし,妊娠前にコントロー ル治療を受けていても妊娠中その薬剤を使用して いたのは半数のみであった報告2)もあり,妊娠中 通常,妊娠により喘息の治療は変更しない( National Heart, Lung, and Blood Institute診療ガイドラインManaging asthma during pregnancyも参照)。 女性には,どのように誘因への曝露を最小限にするか,肺機能を連続的に測定するか(通常携帯型のピークフローメーターを用いる)を含め,喘息管理に役 … あなたの 《初期妊娠リスクスコア》 は 点 ※ 0~1 点:現在のところ大きな問題はありません。 ※ 2~3 点:ハイリスク妊娠に対応可能な病院と密接に連携している施設での妊婦健診 分娩を考慮してください。

妊娠をしたら、誰しもが「無事に赤ちゃんを産みたい」と願うものですよね。しかし、最近では「ハイリスク妊娠」という言葉が聞かれるようになり、「自分も当てはまるのではないか」と不安になっている人もいるかもしれません。具体的に、どのようなリスクがあるのでしょうか?