交通事故の加害者の治療費は、もちろん事故を起こした本人が払うべきものであることはイメージできますが、ケガの度合によってはかなり高額の医療費がかかることもあるでしょう。交通事故は被害者、加害者に関係なくできれば当事者にはなりたくないもの。 交通事故の治療費について解説しています。交通事故の治療費はいつ加害者側から賠償してもらえる?被害者が立て替える?交通事故のけが治療で健康保険は使える?交通事故の治療費に過失割合は影響する?など、交通事故におけるけがの治療費について解説しています。 自賠責保険は、交通事故にあった被害者に適用される保険です。それでは、もしも交通事故の加害者になってしまったら、自賠責保険を使うことはできないのでしょうか。今回は、「交通事故の加害者でも自賠責保険を使えるのか」について詳しく解説していきます。 交通事故にあった場合の治療費は、保険会社が病院などに直接支払いをしてくれるケースが多いですが、立替が必要なケースもあります。治療費を立替えたらどこに請求できるかを知っておくことも必要です。こちらの記事では治療費の様々な疑問にお答えをします。 交通事故の保険金請求を加害者が行う加害者請求の流れは、まず加害者から被害者に対して治療費や慰謝料の支払いを行います。 そのあとで、加害者は自賠責保険に対し被害者へ支払った額を上限として加害者請求を行うことができます。