厚生労働省は近く、世代別の注意点を盛り込んだ健康のための「睡眠指針」をまとめる。2003年の策定以来11年ぶりの見直しで、年齢による生活や睡眠の特徴の違いを反映させる。 睡眠、高齢者は量より質 厚労省が「新・睡眠指針」:朝日新聞デジタル ここから本文です。 (最終更新)平成30年3月8日. 23e-q01 睡眠時間 総務省統計局が5年ごとに実施している「社会生活基本調査」により、生活時間における行動の種類として、1日のうちの睡眠時間について、総平均時間、行動者平均時間及び行動者率を調べることができます。 睡眠を中心とした生活習慣と子供の自立等との関係性に関する調査の結果 できることからはじめてみよう「早寝早起き朝ごはん」(令和2年度版) (pdf:8,975kb) 「企業と家庭で取り組む早寝早起き朝ごはん~大人が変われば、子どもも変わる~」 就床1時間前および中途覚醒時の喫煙は避ける (6, 442名を対象に夜間睡眠中の脳波を測定した研究) ⼊眠までの時間(分) 16.5 21.5* 総睡眠時間(時間) 6.1 5.9* 睡眠段階1(%) 4.2 5.5* 睡眠段階2(%) 56.2 59.8* 徐波睡眠(%) 18.6 12.2* ⾮喫煙者 喫煙者 15 運動、休養・睡眠と健康 ... 2.ゆとりの時間でみのりある休養を ... 平成6年6月 厚生省(現厚生労働省) 【夜】 睡眠 レム睡眠.

睡眠不足の背景には特に都市部における長時間労働と長距離通勤があり、ともに在宅時間と就床時 間を圧迫している。eu諸国の平均就業時間にくらべて日本人の就業時間は男性で2時間弱ほど長い。 図1:睡眠と生活習慣病との関わり 厚生労働省の研究班によってまとめられた「健康づくりのための睡眠指針2014」を基に、より良い睡眠を考える「ねむりのコラム」。今回のキーワードは「疲労回復」です。睡眠は日中の生活で受けたダメージを回復させる役割を担っています。 厚生労働省の毎月勤労統計調査によると、昨年の1人平均の年間総実労働時間は1,747 時間であり1、およそ20年前(平成2年)の2,064時間と比べると約15%減少している。 一方、総務省の平成19年就業構造基本調査によると、20~40歳代の正規雇用の男性の約 インターネット依存が疑われる中高生が全国で推計93万人に上るとの調査結果を、厚生労働省研究班が2018年9月31日発表しました。中高生の12~16%にあたり、スマートフォン(スマホ)の普及を背景に2012年度調査時51万人から倍近く増えています。