ラグビーのジャッカルとはどんなプレーなのか? ジャッカルとは. アタックしている選手がタックルされて倒れた後に、ディフェンスの選手が立ったままボールに絡んで、ボールを奪ったり反則を獲得するプレーの事。 引用元:ラグビーHack とのことです。 ジャッカル(ラグビー)のルール. ジャッカルという動物に似て、獲物(ボール)を横取りするプレーについての説明です。現代ラグビーにおいてはとても重要なプレーのひとつになっています。 (笑) ラグビーのジャッカルの歴史 ラグビーのジャッカル。 ジャッカルとは、そもそもは犬のような狐のような、アフリカの動物です。 獲物である小動物を捕らえるときに、ピョンと飛んで頭から獲物に突っ込んでいく習性があります。 ジャッカル。 猛獣たちに襲われた動物の肉の残りをあさる動物とのことです。 まさに、そこからラグビー用語の「ジャッカル」も誕生したとのことです。 ジャッカルと… そこで当編集部のラグビー経験者「原田たかし」にジャッカルを解説してもらうことにした。 原田さん、ジャッカルってなんですか? 「タックル直後に相手の手から直接ボールをもぎ取るプレイをジャッカルといいます。ちなみに、空中で相手のパスを奪うプレイはインターセプトですね」 相手が持っているボールを奪い取るプレーがジャッカルです。 ラグビーだから相手の持っているボールを奪い取るのは 当たり前だと思いそうですが・・ 普通は、なかなか思うようにボールを奪いとることが できません。