【eparkくすりの窓口】チラシ・クーポン・ポイントデー・特売情報など、お得な情報が満載!好きな時間に好きな薬局でお薬を受け取れる予約サービス『処方箋ネット受付』をはじめ、全国70,912件の薬局・ドラッグストアからお好みの条件で店舗を探せます! 処方箋なしでは医療用医薬品は買えない? 薬剤師が教える医薬品販売の内情 ... 意外に思うかもしれないのですが、実は薬局が処方箋無しで医療用医薬品を販売することは禁止されている訳ではありません。 具体的に『処方箋医薬品』は医師の処方箋によってのみ調剤、交付することが可能です。これは相手が医師であろうが薬剤師であろうが処方箋なしでは購入はできません。尚、例外的に薬局から薬局など医療機関への販売は認められています。 処方箋が必要なクスリを、処方箋なしで買うことができる?そんな裏技あるの?違法じゃないの?普通はそう思われますよね。「れいばい」というシステムがあるのです。世の中のほとんどの方が、ご存知ないであろう、このシステム。解説いたします。 薬局でも買える病院の薬を「処方箋医薬品以外の医薬品」と言って、条件が揃えば薬局で購入することができます。通称「零売(れいばい)」と言われる販売方法ですが、医療資源を守り、増え続ける医療費を削減できる方法の一つとして注目されています。

処方箋なしで薬を販売されたら患者の受診回数が減っちゃうから医者がこまります。それにともなって調剤薬局は処方箋の受付回数が減って減収しちゃいますね。 医師や調剤薬局の薬剤師はスゴく嫌がるけど、反面、患者側からの需要は高い。 確認なしでジェネリックを出される理由とは? 調剤薬局では、患者さんから手渡された処方箋をもとに薬を調剤します。そして処方箋の「変更不可欄」に×印もしくは医師のサインが特に見当たらなければ、薬局はジェネリックを調剤できます。