縦型洗濯乾燥機の弱点である乾燥機能がドラム式と変わらないぐらいの性能を誇る日立の縦型洗濯乾燥機「ビートウォッシュ」2019年モデル。乾燥機能を初め、洗浄機能、新しく搭載された機能のご説明を … 我が家の初代ビートウォッシュが縦型洗濯乾燥 機で ... 私のブログに正解はないですが参考にしていただけましたら幸いです。 どうぞよろしくお願い致します₍₍ ( ๑॔˃̶ ˂̶๑॓) ♡ プロフィール詳細はこちら.

ビートウォッシュシリーズは次々新しい機種が発売されており、それぞれ特徴が違います。 このブログでもいくつか機種ごとに口コミや特徴をまとめていますので、良かったら参考にしてみてください。 ビートウォッシュbw-dv80b. 最近のコメント. 使ってみた感想. 大人気の日立の全自動洗濯機(洗濯乾燥機)ビートウォッシュは型番が10種類もありますが、各型番の特徴や機能の違いを比較し、選び方のポイントを紹介したうえで、各家庭にとって最適な1台を確認できるよう記事にまとめました。 また、ビートウォッシュには槽洗浄とは別に槽乾燥機能が付いています。 槽乾燥は30分コースのみになります。 各コースの選択基準 3時間コース ・1~2か月に一度程度 ・洗濯物への糸くず付着が気になるとき ・槽内のにおいが気になるとき 最終的にまずデザイン性で残ったのが日立のビートウォッシュと今回購入した東芝のザブーンでした。 日立の方はピンクでとてもかわいかったのですが、我が家の洗面所の雰囲気には合わず、東芝のグレインブラウンの色は従来の縦型洗濯乾燥機にはないデザイン性が気に入りました。 日立(hitachi)のビートウォッシュシリーズ「bw-dx110a」は、5人家族の洗濯物でもへっちゃらの、大容量11kgの縦型洗濯乾燥機です。毛布が洗濯できて、お手入れも簡単、ヒーター乾燥付きと、使い勝手もすぐれています。当ブログ【マクリン】ではその特徴を紹介します。