テキストボックス内で作成の場合は、テキストボックスを移動することになります。 互換モードのワードアートは、文字というより図(画像)に近いオブジェクトであることが、標準のワードアートと違い …

ワードアート(テキスト ボックス)の中の一部の文字を選択して色や効果を変えられます。すべての文字の書式を変えたいのなら“文字”ではなく“ワードアート全体”を選択して操作してください。 図形やテキストボックス、ワードアート、いつも思い通りに操作できていますか?思い通りに操作できない場合の原因、実は「選択」だったりするんです。Word・Excel・PowerPoint、Office共通の技!

ワード2010でワードアートを作成したときと、テキストボックスに文字を入力して「文字の効果」設定をした時との大きな違いは何でしょうか?どのように使い分けをするものなのか理解ができません。どちらも「書式のクリア」で解除できます ワードアートの書式や形状を変更する. ワードアートと、文字の効果の違いがよくわかりません。 ワードアートと、テキストボックスに入力した文字に、文字の効果を設定したものは 同じものと考えてよろしいでしょうか。 講習会で説明する必要があるため 正しい知識を得たいと思っています。 ご教授くださいませ。

ワードアートと作成、編集の方法が異なり、より多くの装飾を設定できるテキスト ボックスの ようなオブジェクトで、「(既存の) 文字を装飾する機能」というように考えたほうがよいです。