タイミング法の成功率が約3%ですので人工授精の妊娠成功率が特段高いわけではありません。 人工授精は「20代でするのか」「30代でするのか」「40代でするのか」によっても妊娠する確率は変動してきますし「何回目の人工授精か」でも確率は変わります。 人工授精は不妊治療の中でもより自然妊娠に近い方法とされています。通常タイミング法の次に行われる不妊治療ですが、妊娠率は年齢によって異なります。人工授精をして妊娠に至らなかった場合、どのタイミングで体外受精や顕微授精にステップアップしたらよいか気になりますよね。 体外受精の成功率は?20代、30代、40代の年代別妊娠確率 | 【不妊治療net】不妊治療専門ドクターや編集部による不妊治療のキホンから応用までの情報を網羅したコラムから不妊の原因や不妊症対策&妊活、不妊治療の費用や助成金の話まで。男性不妊や二人目不妊についても掲載。 スポンサーリンク 20代、30代、40代と年代別に、体外受精で妊娠できる確率には差があり、年齢が高くなればなるほど、その成功率は下がります。検査を受けてトラブルがなければ「タイミング法から始めましょう」というのは教科書的 不妊治療にも様々な治療法があり、それぞれ効果や妊娠率が異なります。なかでも「クロミッド」という薬を使った排卵誘発法は、タイミング法と組み合わせてよく行われるため、どれくらいの妊娠率があるのか気になる女性も多いのではないでしょうか。 そのことを知らずにタイミング法を続けていると、いたずらに時間が過ぎてしまうことになりかねません。半年から1年妊娠しなければ、受診を考えてみましょう。 女性が20代~30代前半ならば、まずは半年くらい自分たちでタイミング法をしてみましょう。 こんにちは、助産師ブロガーあかめ(@women_akame)です^^ 妊娠したい!と思ったら、まずは妊娠する確率をあげることが大事です。妊娠を強く希望するならタイミング法を実践することをおすすめします。 排卵日を予測してタイミングをはかることで、妊娠する確率が格段にアップします。 クロミッドでタイミングを合わせるときは、排卵の前日にはタイミングを一度は取っておくのは必須。hcg注射ありの場合は、hcgを打った当日と翌日は必ずタイミングを。hcg注射なしの場合は、卵胞が20mm以上になったらタイミングを取り始めたいですね。 タイミング法を成功させるには、正確な排卵日を調べることがいい結果に繋がります。 20代なら半年ぐらい、30代なら2・3回タイミング法を試して妊娠できなかったら、産婦人科で指導してもらうようにしましょう。 特に35歳を超えている人は急いでください。