普段はストレートジーンズ「リーバイス501」ばかり着用しているのですが、エンジニアブーツを履くときはブーツカットをチョイスします。愛用しているのは「リーバイス517」のリジッド(未洗い)デニム。ブーツカットはレングスをカットするとシルエット こんにちは、komach1です。 今日は靴磨きの楽しさを教えてくれた靴のご紹介。革靴のエイジングは百人百様。 人のエイジングを見るのも大好きですが、僕のも参考になれば、と。 経年記録としてあげてい … オールレザーのスニーカーブーツ。 シャフト部分を倒した設計は足首の運動量を考慮すると共に、経年により 皺が刻まれ豊かな表情となる。 カドヤの歴史を踏襲しながらも前衛的な考えにより生み出される商品ラインナップ。 デザイン. 経年変化で増す迫力. 35を過ぎてアメカジ熱が復活!一番ハマっているブーツ(ソログッド以外も!)のメンテを中心に、革を育ててみたり、レビュー的なものをしてみたり。。。する予定だったのですが、今や何でもありの状態になってます。 wescoのブーツは履く度に表情を変えていく。 いま、私が履いているブーツは新品のものよりも誇らしげで迫力がある。 常々申し上げている通り、これが一生モノと呼ばれるモノに必須 … また、ファスナーを装着した事でシャフトを細めのデザインに設計が出来ているので従来のエンジニアブーツにはない独自のシルエットです。 ソールにはvibram(ビブラム社) #100を使用。製法はダブルステッチダウン製法で作られています。 ここ数年履き込んでるブーツのソール交換をいいことに、先日、エンジニアブーツを手に入れた。やけに長い製品名は:SLOW WEAR LION クロムエクセルレザーエンジニアブーツ Vibram USA 製 #430 カスタム キャップ・ド・トゥ BLACK [OB-8165H]。新品のこのブーツと一緒に、僕はどんどんと年取って …