ウォーキング中、膝裏に痛みが出る原因のほとんどは、筋肉疲労によるものです。 膝裏に走るようにして付いている筋肉は、ハムストリングスと腓腹筋、膝窩筋で、ウォーキング中にも良く使われています。

筋肉痛は大きく分けて2つ。1つは、運動している間にだけ痛みが出る 現発性筋肉痛 。もう1つは、運動後数時間から1~2日後に痛みが出始める 遅発性筋肉痛 。 一般的に筋肉痛と呼ばれているのは、後者の遅発性筋肉痛のこと。 太ももの筋肉痛に効くセルフケアのご紹介です。当たり前ですが、肉離れや骨折など明らかな肉体の損傷が疑われるような場合での太ももが痛いときの治し方ではありまんので、ケガや事故、スポーツ障害などの場合は早急に整形外科をご受診ください。 膝の裏だから膝に問題があることはほとんどありません。 膝以外の近くの関節や筋肉からの影響を受けていることが多いんです。 また、筋肉が硬くなってしまう原因を姿勢から見つけ出し直していく為には、専門家(整体院)の治療が必要です。 筋肉痛になると「休んだほうがいい」「運動したほうがいい」と、両方の意見をよく耳にしますよね。しかし実際筋肉痛がどの程度の状態なら運動したほうがいいのか、どんな状態でもウォーキングくらいならするべきなのか、迷いますよね。

太ももの裏の痛みの原因は?その解説とストレッチや筋トレの解説をしています。一般的に言われている原因ももちろんですが、トレーナーとして働いている現場での見解も取り入れながら説明をしていき …

ランニングに使われる重要な筋肉をご存知でしょうか。腿裏の筋肉が重要になってくるんです。腿裏の筋肉が重要ということに驚きますよね。 普段使用しない筋肉だと思っていたのであまり深く知られていない腿裏の筋肉についてご紹介していきたいと思いま…