外での音楽鑑賞に欠かせないイヤホン。様々な価格帯で販売されていますが、買っても買っても断線してしまう、そんなお悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。今回は、イヤホンが少しでも長持ちするように、断線防止対策や、原因を明らかにしおすすめグッズをご紹介します。 スマホと同じくらい身近なものになっているイヤホン。しかし、その汚れや掃除に注目することはあまりないのではないでしょうか? イヤホンの掃除方法 . 耳の中が乾燥してる人と、濡れてる人の2種類あって、濡れてる人はカナルのようにグイグイと押し込むと毎回、イヤホンが耳垢で汚れてしまうため、オススメできないと言われました。 ちなみに私は濡れてる耳です。 書込番号:21914649. カナル型のイヤホンで耳が痛くなる人には、ウレタンタイプのイヤーピースをおすすめします。ウレタンタイプは柔らかい素材で耳に優しいです。 ウレタンタイプのイヤーピースは長時間の使用に適していますが、汚れが付きやすいのが難点です。 デジタルオーディオプレーヤーやスマホなどで音楽を鑑賞する際に使用するイヤホン。イヤホンにはカナル型とインナーイヤー型、2種類の装着形態があります。今回は2つの特徴や選び方を解説しつつ、おすすめのイヤホンをご紹介。 Amazon.co.jp: イヤホン 高音質 iphone イヤホン 重低音 有線 イヤフォン クリア通話 音漏れ防止 カナル型イヤホン 軽量 抜群のフィット感 通話対応 ヘッドホン 通学通勤 ステレオイヤフォン マイク付き リモコン付き PC Android Huawei Sony iPhone iPad対応: 家電・カメラ 知らぬ間にたまっていく汚れ イヤホンは、耳の中に入れて使用するのでどうしても耳垢がたまります。 音楽を聴くのに毎日使う方も多いイヤホンは、きれいに見えて実は意外と汚れています。そんなイヤホンの汚れの落とし方を、カナル型・インナーイヤー型・ワイヤレスに分けて解説します。綿棒や歯間ブラシなど、自宅にあるアイテムで簡単に掃除できますよ。 イヤホン、特にカナル型イヤホンは耳の穴に直接入れて使用するので、耳垢で汚れやすくなってしまいます。使い方の都合上で仕方ない部分もありますが、できるだけ耳垢イヤホンにつくのを予防する方法というのはあるのでしょうか。掃除の仕方などを紹介します。 デジタルオーディオプレーヤーやスマホなどで音楽を鑑賞する際に使用するイヤホン。イヤホンにはカナル型とインナーイヤー型、2種類の装着形態があります。今回は2つの特徴や選び方を解説しつつ、おすすめのイヤホンをご紹介。 通勤や通学中に「イヤホン」を装着して、音楽を聴いている方って多いですよね。 習慣的に利用しているイヤホンですが、掃除ってやっていますか? イヤホンの装着部分をよく見てみると、実は汚れがぎっしりと詰まっている カナル型イヤホンははコンパクトで手軽なため人気があります。 最近ではコードレスタイプもあり、簡単に持ち運びできます。 耳に直接さすので音漏れが軽減されます。 ヘッドホン型イヤホンの特徴 イヤホンも耳に入れこんで使うタイプの「カナル型イヤホン」や完全に耳を塞がずにすむ「インナーイヤーイヤホン」などがあります。ここでは2種類のイヤホンについて、汚れの落とし方を紹介します。 カナル型イヤホン イヤホンの耳垢汚れとおさらば!カナル型、インナー型、ワイヤレスに分けて掃除方法をご紹介. カナル型イヤホンの特徴. イヤホンも毎日使っていると汚れがたまるので、掃除が必要です。そこで今回は、イヤホンの掃除方法をご紹介します。 1. イヤホンをしているとどうしてもイヤホンに耳垢が付いてしまいますよね。イヤホンに耳垢が付いてしまうことがきになるなら、自分の耳垢がどの種類なのかをまず知りましょう!そして、自分にあったイヤホンと定期的な正しい耳掃除の方法を知っておくと良いですよ。 カナル型イヤホンとは? カナル型イヤホンは、イヤホンを耳に付ける時の「付け方」のことを言います。 こちらの下↓の画像のようにイヤホンの先端部分であるイヤーピースを耳の穴に差し込んで利用するタイプのことをカナル型イヤホンと言います。 7 点 あなたが普段使っているイヤホン、実はけっこう汚れているかもしれません。耳の中に入れるため、耳垢などがつきやすいのです。今回は、イヤホンの掃除方法や汚れがつかないために今日からできる簡単な対策をまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください! イヤホンを使っていて気になってくるのがその汚れです。イヤホンには想像以上の汚れや耳垢が溜まっていて、掃除をせずに思わず見て見ぬフリをしたくなることも…。今回は、イヤホンの耳垢や汚れを取る掃除方法や取り方・対策についてご紹介し、その重要性についてお伝えします。 イヤホン掃除の注意点は、過度に力を加えてイヤホンが破損しないようにすること。ここまでに紹介した掃除方法を試してみても汚れが落ちない場合は、プロへ相談してみてください。