以上、お盆の意味と歴史、その他関連する行事についてご紹介しました。 お盆は、盂蘭盆会が由来で、7月か8月の中旬に年に一度あの世からこの世に帰ってきた先祖の霊を供養する行事です。 お盆とはどんな意味や由来があるのか?また、迎え火と送り火、お墓や仏壇へのなすやきゅうりのお供え物のやり方がわからないなどありますよね。そんなお盆の風習について見ていきましょう。 お盆の意味を知って有意義に過ごそう. Journal編集長 お盆やトレーは食卓を彩るアイテムの1つです。無くても大丈夫ですが、あれば便利ですし、おしゃれなお盆に乗せればそれだけで食卓が華やかになりますよね。 和風で木製の高級なお盆やトレーなら、どんな食卓にも合い食事が楽しくなるでしょう。 トレーはもともと英語で、”tray”と書きます。 英和辞典を見てみると、trayは他の意味もあるようです。 「盛り皿」 「深さのない整理容器」 お盆もトレーも、フチが浅くひらべったい、ものを乗せて運ぶものという意味で、違いはあまりないようです。 tray(トレー)とは。意味や解説、類語。《「トレイ」とも》1 料理などを運ぶ盆。多く金属製のものをいう。2 底の浅い書類整理箱。3 電子メールを送受信するメールソフトにおいて、メールを保存するフォルダーに相当する領域。

お盆 【意味】 お盆とは、陰暦7月15日を中心に行われる仏事。現在は8月13日から16日に行われるが、7月に行う地域も多い。飲食物などを乗せて運ぶ、ふちが浅く平たい器。 【お盆の語源・由来】 デジタル大辞泉 - トレーの用語解説 - 《「トレイ」とも》1 料理などを運ぶ盆。多く金属製のものをいう。2 底の浅い書類整理箱。3 電子メールを送受信するメールソフトにおいて、メールを保存するフォルダーに相当する領域。

毎年夏になるとお盆休みがあり、帰省ラッシュになります。日本人の多くの人が、お盆に大移動してお墓参りをするのですが、一体お盆にはどんな意味があるのでしょうか?よく知っておいてください。